よくある質問

筋膜性疼痛症候群(Myofascial pain syndrome ;MPS)とはどのようなものですか?

レントゲン・CT・MRIには映らないが、超音波エコーでは確認することが出来る、筋膜に原因がある痛みの症状の総称を指します。筋膜の痛みは、重だるいような鈍い痛みで場所も「足のここが・・・」とか、「腰のあたり」、「肩や首」など、痛みの範囲があいまいで、身体の至る所が痛い場合もあります。
繰り返しの動作(家事、仕事、スポーツ)、過去のけが、手術後の傷の影響、日常の姿勢の癖などが原因となり、筋膜や神経、血管周囲まで硬く厚い膜ができてしまいます。その膜には、痛みの感覚の受容器(痛みを感じる場所)がたくさん存在します。膜が癒着して動かなくなるまで、強い自覚症状がないこともあります。
時間の経過とともに徐々に痛みの範囲が全身に広がる場合もあり、さらにひどくなると、重い痛み、または激痛により、姿勢を変えたり、普通に歩いたり、着替え、入浴などの日常生活の動作でさえ行えなくなってしまうこともあります。
生活における活動範囲や活動量が減ることで、その後の不安を抱えてしまうことも少なくありません。
レントゲンには映らず、でも痛みがなかなか治らない症状をお持ちの方は、まずは当院にて、一度、エコー検査をされることをお勧めします。

エコーガイド下で筋膜の鍼治療ができると、雑誌やインターネットで見ましたが、どんな治療?

患者様の筋膜の痛みのある部位を、臨床的触診により体表から直接丁寧に把握した後に、超音波エコーで痛い場所を痛くない側と比べて確認します。その痛い場所を超音波エコーで確認しながら、痛みの原因となっている部位(筋膜、血管/神経の周囲の膜)に正確に鍼刺激による治療を行ないます。
硬くなって癒着した筋膜、血管/神経周囲に対し鍼刺激をすることで、筋と筋の間のすべりが(滑走性が)良くなり、血管、神経に沿った痛みも軽減され、できなかった動作ができるようになり、力もスムーズに出せるようになります。血流改善により代謝もよくなり、内臓の不調が改善し、精神的にも安定することが多いです。当院の治療者は、鍼灸師と理学療法士の国家資格を有するスタッフが在籍しておりますので、西洋医学と東洋医学の概念を融合した治療を行なうことが可能です。

筋膜性疼痛症候群(MPS)の治療は、どのくらいの時間でできますか?

患者様の、今までの痛みの歴史と症状の出現している範囲により、治療時間と予算は様々ではありますが、1回の治療時間は30分から60分です。治療内容は、症状によっては鍼治療だけでなく徒手的治療も複合的に行なう場合がございます。痛みの原因となっている筋膜に対して鍼治療が有効な場合は、4~5日は治療効果がみられます。治療回数は、1回で筋膜の痛みが消失する事もありますが、痛みの歴史が長い場合は3ヶ月以上かかることもございますので、初診の評価の際に治療期間と予算をあらかじめ丁寧にご説明いたします。

トリガーポイント治療は、注射の治療ですか?

トリガーポイントは、痛みの引き金になっている部位を指しており、治療者側が医学的に評価しないと把握することは出来ません。当院では、トリガーポイント治療は鍼を用いて行います。

超音波エコーで診る必要性は?レントゲンとの違いはなんですか?

超音波エコーでは、レントゲンに映らない痛みの発生部位である皮膚、脂肪、筋膜、筋、腱、靭帯、神経、血管が明瞭に映ります。プローブをあてその場で確認でき、リアルタイムに静止画または動画撮影が出来ることも、重要な機能であるたため、病態を捉えながらエコー下で治療をすることが可能です。レントゲンは、骨の変形、骨折、肺や内臓などの検査として欠かせない検査法ですが、医師が検査の指示をして医師が診断することが特徴です。

マッサージはどのような感じですか? マッサージの効果は?

マッサージの強さは、効果的と考える刺激量で行います。必ずしも、強くマッサージした方が楽になる、長くマッサージした方が良い、というものではないことをあらかじめご了承ください。痛みの部位も、原因がはなれた場所にあることも多いので、それを確認しつつ、全身・左右のバランスを重視します。銭田治療院では、短いコースであっても、時間内にできる限りの全身治療を行います。(おすすめは、伝統的な銭田流マッサージ50分です。)
さらに、ゼニタの施術スタッフは、身体の骨・筋・血管・神経の位置など丁寧に触診しながら施術しますので、施術後は、ほとんどの方が、非常に気持ちが良くなった、身体が本当に軽くなった、すっきりして楽になった、身体がぽかぽかする、などと十分にご満足いただいております。
マッサージは、全身の血流、柔軟性を改善し、代謝をアップして、体調を整えます。自覚症状のない痛みの原因も、硬い筋膜に存在します。施術者が圧迫すると痛い場合は、自覚的に痛みを感じる手前の状態ですので、定期的な施術を受けられると、ご自身の不調が早く改善できるため、だるい・おなかの調子が悪いなどの体調不良、関節痛、腰痛、頭痛、めまい、耳鳴りなどのさまざまな症状の予防につながります。
銭田治療院では、症状や目的に合わせて、最適な施術を行います。
(ゼニタでは、代表の銭田良博の指導のもと、治療院スタッフが、マッサージ技術を高めるための基礎となる「臨床的触診講座」を定期的に開催しています。)

鍼は、痛いですか?

鍼治療で使う鍼は、0.14mm~0.34mmで髪の毛より細い鍼を使います。なので、鍼を痛いと感じる人はあまり多くいません。ほとんどの人が、「全然痛くなかった」や「最初に”チクッ”とするくらい」とおっしゃいます。まれに痛みに敏感な方もいらっしゃるので絶対とは言えませんが、様子を見ながら無理の無いように治療を進めますので、ご安心ください。
MPSの筋膜の痛みは、皮膚と筋膜、筋膜と筋膜の間の動きが悪い状態で、痛み物質がそこで滞っているため、鍼を刺すことで痛みを感じることがあります。しかし、皮膚の動きを改善してから行ったり、軽くその周囲に鍼で刺激することにより皮膚の動きや筋膜の動きが改善されると、もともとの強い痛みまで軽減しますのでご安心ください。

はり、きゅうはこわいイメージで、今までやってこなかったのですが。

一般の方々は、「はり」が注射と一緒で痛い、というイメージがあり、「きゅう」はもぐさに火をつけて行うので熱い、というイメージがあって、どちらも怖いのだと思います。
「はり」は、皮膚を破る時と痛みの原因であるところに当たった場合に痛みが出現しますが、注射に比べたら痛みは1/3の程度です。どうしても「はり」の痛みが怖い場合は、「刺さないはり」を使用して治療することも可能ですのでご安心ください。「きゅう」は、当院ではもぐさを使用せず、せんねん灸を使用していますので、熱くなくやけどの心配はございません。

鍼(はり)って、痛いイメージがあるのですが、痛くない鍼ってないですか?

はい。ございます。
刺さない鍼を以下にご紹介いたします。

・てい鍼
銭田治療院では、イトウメディカルにて特注で作られたてい鍼を使用しています。
くぎのような形をした鍼を2本使用し、陽と陰で使い分けます。

・小児はり
小児はりの先はとがっているのですが、体内まで入れずに皮膚の上からチクチクと刺すだけです。赤ちゃんのカゼ、夜鳴き、疳の虫にはとても有効です。

・ソマセプト®
ソマセプトは、プラスチック製の、マイクロコーンでつくられた微細突起の集合体でできています。
このマイクロコーンが皮膚に触れると,痛みをほどんど伴うことがなく,やさしい刺激が生じます。また、皮膚へ固定するための絆創膏がついているため、継続的に刺激を送り続けることができます。
ソマセプトは、薬局等で一般的には売っていませんが、銭田治療院で唯一販売しております。そして、治療院スタッフがその方に適した貼付部位と安全に使用する方法をアドバイスいたします。
当院では、治療後に出来る限りの治療効果を維持することと、普段の生活で出来る限り痛みのない生活を送ってもらうこと、スポーツ選手の緊急時の痛みなどに対してのセルフケアとして、ソマセプトを積極的に使用していただいております。お気軽に、銭田治療院にご相談ください。

鍼灸治療は何に効くのですか?

鍼灸治療は、MPS・肩こり・腰痛だけでなく、婦人科疾患・内臓疾患・神経疾患など様々な症状に有効で、WHO(世界保健機関)でもその効果が認められています。

鍼の使い回しによる感染の心配はありませんか?

当院が使用している鍼は完全ディスポーザブル(使い捨ての鍼)を使用いたしておりますので、安心して施術をお受けください。

予約が無くても治療は出来ますか?

当院は完全予約制となっております。お待たせする時間も少なく、確実です。
直前であっても、お電話をいただければ、ご希望のお時間にお受けできるかを確認させていただきます。
ただ、予約の無い方でも、ご来院の際に枠が空いていれば治療させていただきます。
空きのない場合には、その場でなるべく早く対応させていただくお時間をご予約いただるよう配慮させていただきます。

過去にあった交通事故など古い怪我の影響で、後遺症のようなものは治療できたりしますか?

交通事故後の外傷は、捻挫・打撲・骨折が多く、一般的に整形外科のリハビリテーション科での理学療法または接骨院での柔道整復師による治療を受けると思います。
外傷を持ってしまった場合、皮膚に瘢痕が残り皮膚と体内で癒着を起こしてしまう可能性があります。その場合は、理学療法や接骨院での治療では完全に治癒しないことが多く、後遺症が残ってしまうことが多いです。その場合、銭田治療院では、光線治療と鍼治療を行った後に運動療法を行うことで、癒着の治療を行っております。
交通事故による捻挫で、1年以上経過した場合にも、なかなか完全に治らず後遺症が残ることが多いと思います。その場合も当院では、光線治療・鍼治療・運動療法の組み合わせで治療を行うことで、患者様にご満足をいただいております。
交通事故による捻挫の場合は、自動車保険の業者さんは様々な事情から接骨院をお薦めすることが多いと思います。交通事故による捻挫は、表層のFascia(特に筋膜)の痛みであり、しかも広範な範囲であることが多いです。その場合、事故前の状態に早期回復を希望される場合は、鍼治療と運動療法の併用で治療したほうが、治療期間が短くてそれも事故前の健康な状態に回復する可能性が高いものと私は考えております。

銭田流マッサージは50分が基本となっていますが、もっと時間を長く治療をしてもらうことは可能ですか?

もちろん可能です。患者様のニーズに合わせて、治療時間の延長や治療回数を増やすことも柔軟に対応いたします。症状や疾患により、こちらから治療時間の延長や治療回数を増やすことをお願いする場合もございますので、あらかじめご了承ください。

★基本的に、月1回の定期的な施術をお勧めしています。
(様々な症状の悪化を避けるため、自覚症状がない状態のうちに硬くなった身体を やわらかくすることは、様々な症状の予防になるためです。)

[患者様ニーズの例]
・1ヵ月後に旅行に行くので、家族に迷惑かけずしっかり歩けるようになりたい。
・海外旅行にいけるようになりたい。
・一人で外出できるようになりたい。
・早く歩けるようになりたい。
・今の状態を維持して、ずっと歩ける状態でいたい。
・運動ができる身体になりたい。
・しゃがんだり、正座したり、自由に動きたい。
など、年齢や体力、ご希望などを考慮して、みなさんと目標を共有してよりそった施術をさせていただきます。
(リハビリ、疾患別の施術では、さらに具体的な目標にも対応します)
[症状や疾患による対応]
・慢性的な疾患で、1週間に1度など定期的な治療を必要とする場合。
・急性の疾患で、初回より期間を短めに繰り返し治療を必要とする場合。

疾患別 鍼灸(+リハビリ)では、どんな治療が受けられますか?

1.骨折や靭帯損傷、反復性脱臼などの術後の治療として、痛みや、関節可動域、筋力を回復し、動作を改善するための施術がうけられます。連携先医療機関からの紹介で、手術後の痛みや動作の改善などを目的とした施術を行います。
2.スポーツ疾患では、術後だけでなく、捻挫、肉離れの治療、疲労骨折の手前の症状の改善など、エコーにより状態を確認しながら、施術を行います。
(→大会でいい成績を残したい。けがを克服し、早期復帰をしたい。プロスポーツで、成果を出したい、などの目標を達成するお手伝いをさせていただきます。)
3.各種原因から起こるMPS治療では、痛みの原因を探り、全身の痛みを把握し、改善します。
4.美容鍼では、頭痛、耳鳴り、めまい、肩こり、眼精疲労、声が出にくい、などの症状も改善します。

その他、疾患別プログラムのページをご参照ください。

治療院と接骨院(整骨院)と整体院(カイロプラクティク)の違いはなんですか?

治療院は、鍼灸治療院とマッサージ治療院に分けられます。銭田治療院は昭和41年に開設したため、その頃は分けた表現ではなかったことから、「治療院」として看板を出しています。
鍼灸治療院は、はり師・きゅう師の国家資格を持つ施術者が開業した治療院です。鍼灸学科での教育後に両者の受験資格が得られるため、両方の免許を保持している場合が多いです。
体内に侵襲刺激を行うことができるのは、日本でははり師と医師のみです。はり師ときゅう師の養成校は、年を追うごとに有資格者が急増傾向にあります。
マッサージ治療院は、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を持つ施術者が開業した治療院です。あん摩マッサージ指圧師は、障害者や盲目の方々への免許という意味合いが強いため、法的規制により養成校の新規開設が困難の為、マッサージ師の数は年々減少傾向にあります。
接骨院(整骨院)は、柔道整復師の国家資格を持つ施術者が開業したものです。急性の捻挫や外傷に対しては、医師の指示なしに医療保険を適用した施術を受けることが出来ます。
ほとんどの民間資格に関しては、その実数が十分に把握されていません。その中で、臨床心理士は国によっては国家資格であり、日本でも国家資格にするための準備が進められています。
整体院(カイロプラクティク)は、オステオパシーの治療家が開業していることが多く、民間資格としての位置づけとなっています。
公的資格は、侵襲行為の許可および公的医療保険制度の適用範囲を定めるために使用されています。一方、民間資格は慰安・リラクゼーション目的の範疇で許可され、公的資格範囲外での施術が許可されています。

治療院と整形外科は何が違うのですか?

治療院は、鍼灸治療院とマッサージ治療院に分けられます。鍼灸治療院は、はり師・きゅう師の国家資格を持つ施術者が開業した治療院です。鍼灸学科での教育後に両者の受験資格が得られるため、両方の免許を保持している場合が多いです。体内に侵襲刺激を行うことができるのは、日本でははり師と医師のみです。はり師ときゅう師の養成校は、年を追うごとに有資格者が急増傾向にあります。基本的に整形外科では、鍼灸治療を行うことはできません。また、鍼灸治療を医療保険にて行える疾患は限定的であり、それもかかりつけ医の同意書がなくしては行えないため、ほとんどの疾患は実費治療で行います。
整形外科は、リハビリテーション(特に理学療法)の治療が中心に行われ、基本的に医療保険にてサービスを受けることができます。

リハビリテーション(理学療法)に対する医療保険制度って、どんな仕組みになっているのですか?

えとうリウマチ整形外科は、医療保険による運動器リハビリテーション(理学療法)を受けることが出来ます。診療報酬は、20分170点(運動器リハビリテーションⅡ:1点は10円)ですので、自己負担が3割の場合は510円で治療を受けることが出来ます。しかし、治療を受ける日数に制限があり、150日までとなっています。

銭田治療院千種駅前は、名古屋市中区栄にあるえとうリウマチ整形外科と業務提携を結んでいます。そして、患者様が少しでも早く回復し、日常生活・職業・スポーツ競技に復帰していただけるように、医療保険によるえとうリウマチ整形外科での理学療法と実費による銭田治療院での鍼治療&運動療法を併用して行うことができます。特に、整形外科医による手術(どこの関節や脊椎でも大丈夫です)を行った後の理学療法は、集中的にかつ積極的に治療をさせていただいております。
また、150日で医療保険によるリハビリテーションが行えなくなった場合でも、実費による銭田治療院での鍼治療または運動療法で、現在の症状の維持または更なる回復を目指しています。

実費による銭田治療院の実費負担(治療メニュー・料金)につきましては、
治療・料金の項目をご確認ください。

鍼やマッサージの施術は、医療費控除の対象になりますか?

鍼灸マッサージ師が行った施術に関しては、医療費控除の対象になります。
領収書を発行いたしますので、申告時まで、大切に保管してください。ただし、領収書の再発行はできませんのでご了承ください。

美容鍼のおすすめのコースは、どれでしょうか?

初めてご利用いただく方には、ます、初回限定コース、2回目以降のバリューコースをおすすめします。お身体の施術に対し、鍼代が必要となります。(美容鍼に使用する専用の鍼につきましては、コース料金に含まれています。)

お体の状態や、顔面の筋膜の状態を事前にエコーも用いて評価し、お身体の施術を軽く行った後、お顔の施術を行います。美容鍼を中心として継続する場合には、おすすめのコースです。

お身体の痛みや不調が慢性的な場合には、そちらを施術した後に美容鍼の追加施術を行うことをおすすめします。

その場合、身体の施術料金+美容鍼の追加施術料金となります。

美容鍼を受ける場合は、お化粧を落としていかなければなりませんか?

お化粧をしたままで施術可能です。会社帰り、外出先からお寄りいただく場合には、そのままでお越しください。

シミ・くすみなど、お肌の状態でお悩みの場合、効果を確認する際の経過を確認できますので、お化粧をしないでお越しいただいてもかまいません。

美容鍼は痛くありませんか? 

非常に細く短い、お顔専用の鍼を使用しますので、痛みは非常に少ないです。

美容鍼で、シミは消えますか?

メラニン色素の沈着によるシミには、大きな効果は期待できないとされています。

しかし、血流が悪いことによる肌のくすみが改善することにより、シミの目立ち方が改善し、徐々にシミが薄くなる傾向があります。

美容鍼は、男性でも受けられますか?

はい。男性で、美容に関心のある方は、増えています。フェイスラインを引き締めたい方、写真撮影をされる前などにもおすすめです。

お仕事などで、パソコン、スマホ、などにより目を酷使されている方もお試しください。

美容鍼は、どのような効果が期待できますか?

顔や目のツボを刺激することで顔面はもちろんのこと、全身の血流、リンパの流れが改善され、身体全体の活力が高まります。お顔も、筋肉が固くなることから脂肪がつきやすく、硬い筋肉の周りには皮膚のたるみも生じますので、お肌の下の皮膚と筋の間の筋膜に鍼の刺激が加えることにより、筋の動きも弾力も向上します。(お肌のハリに対する効果として、コラーゲン線維の増加が期待されています。) 目のクマの解消、むくみの改善、ほうれい線・たるみ防止、リフトアップ効果なども期待できます。

体調が悪いときには、美容鍼は受けないほうがよいでしょうか?

いえ、顔の状態は全身の疲れの影響を大きく受けます。体調不良の原因は、いろいろございます。顔や頭、顎、首周囲の緊張を緩めるため、全身の状態を踏まえて、さまざまな症状や不調を改善して行きます。産後の女性の方、顔色がすぐれない方、むくんでいる方、お仕事でストレスが多い方などぜひご利用ください。

これまでに実際に効果が見られた例を以下にご紹介いたします。

  1. 頭痛、肩こり、眼精疲労・・・むくんだ頭皮と頭の骨を覆う膜(帽状腱膜)の間の動きを良くすることで、顔の表情が柔らかくなるとともに、頭痛、肩こり、眼精疲労、も軽くなります。

 

  1. 顎関節症・・・あごの周りの筋緊張を和らげることで、顎関節症や顎の開閉の際に出現する違和感、や痛みも改善します。(お肉をかむと疲れるので、あまり食べないといっていた方も、食べるのが億劫ではなくなったとのことです。)
  2. 嚥下の違和感、飲み込みの際の顎の下全体の筋の硬さを改善することにより、飲み込みがスムーズになります。サプリメントなど、硬いものを飲み込む際に、引っ掛かりがあった方も違和感無く飲み込めるようになります。
  3. 声が出にくい、かすれる・・・歌を歌うときに声が出やすくなるなど、のど周りの症状の改善にもつながります。
  4. 耳鳴り、めまい、難聴の症状・・・顔全体のむくみも耳の後ろのから下にかけての筋緊張を和らげることで、改善します。
  5. 胃腸の症状・・・お腹が冷える、便秘、下痢など。顔には、たくさんの胃腸の調子を整えるつぼがたくさんあります。

≪以下のような症状をお持ちの方、身体全体の調子を整えたい方にもお勧めです。≫

頭が痛い、肩がこる、飲み込みが悪い、顎の調子が悪い、歯ぎしりする、寝つきが悪い、よく眠れない、胃腸の調子が悪い、首の調子が悪い、耳鳴りがする、めまいがする、という場合にも、お身体の施術と合わせて行うことをお勧めします。

美容鍼はどのくらいの頻度で通えばよいでしょうか?

最初の3ヶ月は、2週間に1回、それ以降は、月に1回を1年間継続されると、改善しつつ、施術による効果が定着しやすくなります。

継続により、施術効果の反応が出やすくなりますので、期間を1ヶ月以上、あけすぎないようにしていただければ効果的です。

美容鍼を受けられる方の年齢層は?

どの世代の方も、ご利用いただけます。ご利用いただいている方の主な施術目的を記載します。施術により、すべての世代において姿勢改善が見られます。

10代・・・にきび改善⇒施術直後から、気になる腫れや赤みや炎症による痛みも軽減。その他、顎の不調、肩こり。

20代・・・顔のむくみ改善、眼精疲労、頭痛、顎の不調、肩こり

30代,40代,50代,60代 シミ、しわ、むくみ、たるみ、くすみ、頭痛、顎の不調、耳鳴り、めまい、肩こり、声が出にくい、などの不調改善、姿勢改善

70代以降  上記の症状改善にくわえ、猫背の傾向が強くなるため、特に、姿勢、頭部の位置の改善

90代以降・・・めまい、みみなり、前傾姿勢、肩こり、頭痛、嚥下の違和感、声が出にくい、など

↑ページの先頭へ