『銭田治療院から銭田治療院千種駅前へ』

こんにちは
株式会社ゼニタ 取締役副社長
銭田治療院千種駅前 院長
鍼灸師、理学療法士の
銭田智恵子です。

 

今回は銭田治療院の歴史についてお話していきます。
治療院はおかげさまで創業から51年の歴史があります。
場所は名古屋市中区新栄3丁目。
銭田治療院(銭田治療院千種駅前)では、私は勤続19年になります。

 

現在の千種駅前に移転したのは平成23年。
同じく中区新栄3丁目、広小路通の千郷町の交差点の南東。
フィットハウスの隣31階建てのビルの4Fに
「銭田治療院千種駅前」を新たに開院し、現在に至ります。
JRまたは地下鉄千種駅5番出口より徒歩2分です。

 

ビルには有料老人ホームライフ&シニアハウス千種が10階まで
UR賃貸住宅アクシオス千種が11階から31階まであります。

 

旧銭田治療院は、100年以上前からある長屋の一部でした。
台風がくると雨漏りをすることがあるくらいの建物。
修理業者の方に、屋根まで上ってもらいたびたび修理していました。

ゼニタ治療スタッフブログ#21(2018.6.9)銭田智恵子

当時、ご来院される患者さんは、飛び込みではほとんどありません。
おかげさまでほぼ口コミのみで大勢の方にご来院頂きました。
当時の治療院は上がり框(かまち)が高く、バリアフリーではありませんでした。
ですから車椅子の方がベッドに上がるまでに大変でした。
また車椅子の方の介助をすると、私たち治療家も腰を痛めることがよくありました。

 

現在の千種駅前の店舗はビル内にあるため少々外からは分かりづらい位置にあります。
・徒歩でお越しになった場合
①広小路通沿いの透明のエレベーターから4階へ
②真っ直ぐ歩いた突き当たりを左に曲がる
③L字通路の突き当り、入口とインターホン(403呼出)があります。

 

・お車でお越しの場合に駐車場は
フィットハウスの駐車場をご利用ください。
4階に止めていただければ、連絡通路よりすぐ右手にインターホン(403呼出)があります。
バリアフリーで障害のある方、体調の悪い方でも、アクセスがとても便利になっております。
徒歩の方は、中に入って迷われることもあり、大変ご迷惑をおかけすることがあります。
ただ一度来て頂ければ、便利なことがお分かりいただけるかと思います。

 

銭田治療院のロゴが新しくできました。
それに伴い、エレベーターの横の看板も新しくなる予定です。
ぜひ、ご確認ください!

 

旧銭田治療院は、昭和41年より開院し、千種駅前の店舗と平行で維持してきましたが、
平成28年に老朽化のため取り壊され、現在は駐車場になっています。

ゼニタ治療スタッフブログ#21(2018.6.9)銭田智恵子

旧店舗の前の中央高校の裏手の歩道には、今でも、「銭田治療院」の街灯が残っています。
夏になると木に少し隠れて見にくいかもしれませんが、夜には、歩道を照らしてくれています。

ゼニタ治療スタッフブログ#21(2018.6.9)銭田智恵子写真

 

この街灯には、現在の銭田治療院千種駅前の連絡先
(052-238-3380)が記載されています。

 

昔からの患者様や新栄3丁目の町内の方には、銭田治療院がお分かりいただけると思いますが
普通に通られた方には、どこにあるのだろう?と思われるかもしれませんね。
お電話いただければ、ご案内いたします。

 

最近、その街灯の集金に町内会長である、菊里町の松月の方に来ていただきました。
その際、現在の銭田治療院千種駅前のパンフレット、チラシをお渡ししました。
回覧板でまわしてくださるとのことで、新栄3丁目の方々には見ていただけていることと思います。

 

株式会社ゼニタには、鍼灸師、マッサージ師、理学療法士が多数在籍しております。
銭田治療院千種駅前、提携先には、ゼニタスタッフがリハビリを担当する、えとうリウマチ整形外科、千種さわやかクリニック通所リハビリテーション、がございます。また、それぞれの専門の医療機関のご紹介ができます。

 

いつでも、お身体の痛みや悩みについて、お気軽にご相談ください!

 

(文責:銭田 智恵子)

銭田治療院千種駅前スタッフブログ#22(米田)を読む
銭田治療院千種駅前スタッフブログ#20(髙木)を読む
銭田治療院千種駅前スタッフブログ一覧へ