ジョギング#34(3/16)名古屋千種区本山方面(桃巌寺)約3.8 km

2018年3月16日(金)

180316ジョギングブログ写真

←桃巌寺の名古屋大仏の手と自分の手の大きさ比べ?!

昼間は、20℃近くまで上がり暖かい一方、朝晩は5℃と冬の寒さが残り、1日の寒暖さが激しいですね。

皆さん、重ね着をしたり、湯船に浸かりしっかり身体を温め、暖かい格好で寝て体調を崩さないようにしてくださいね。

当院(銭田治療院 千種駅前)では、臨床経験豊富なスタッフが多数在籍しており、
長年患っている慢性痛、日常的な頭痛や腰痛などさまざまな痛み、手術後の疼痛、眼精疲労、肩こり、ぎっくり腰、坐骨神経痛、関節痛、顎関節症、慢性関節リウマチ(Reumatoid Arthritis; RA)、全身疲労、睡眠障害、不眠、自律神経失調症、むくみ、めまい、耳鳴り、筋膜痛から、プロスポーツ、美容、冷え性、小児、学生、障害者(中枢疾患など)、高齢者、パーキンソン病、ギランバレー症候群など重度の症状をお持ちの方まで対応いたします。
集中的なリハビリ・手術が必要な場合も、適切な医療機関をご紹介いたしますので、ご安心して、お電話、又はネット予約(24時間対応)でご予約の上、一度お越しくださいませ。

・お電話でのご予約の場合
→「052-238-3380」にお電話ください。

銭田治療院アドレス

・ネットを利用したご予約の場合
→以下のバナーリンクをクリックして、ご予約ください。

銭田治療院初診ウェブ予約

 

さて、今週3月11日(日)には、名古屋シティマラソン大会に出場し、ハーフ(約21km)走り、無事完走しました。
水谷の中間目標「ハーフマラソン完走!」を達成しました。

詳しくは、また後ほど別記事にまとめます。
ひとまず、要点のみまとめます。

結果は、
21.0975kmを約1時間58分で完走しました。

その中で、以下の通り多くの成果、達成感を得ました。
・人生初のハーフマラソンを完走出来ました。
・平均5~6分のペースをキープし、走れました。
・マラソンを走る前、普段以上に身体の調子が絶好調でした。

以下、名古屋シティマラソン大会の写真を載せます。
1枚目は、スタート前。2枚目は、マラソン大会を走っている写真です。2枚目のどこかに水谷の後姿が写っています。ぜひ、探してみてください!

180316ジョギングブログ写真

180316ジョギングブログ写真

 

改めまして、皆さまこんにちは。

株式会社ゼニタで広報をしている水谷亮太です。

日頃の運動不足の改善、そしてフルマラソンを完走することを目標に、船橋院長と昨年2017年5月~始まった、ゼニタジョギング部。今回、34回目でした。

この企画は、身体のプロである鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師の船橋院長と共に走り、水谷の走りのフォームを身体のつくりの観点でアドバイスをして頂きながら、水谷がフルマラソンを走れる身体を作っていこうというものです。

 

【ジョギングコース紹介】

180316ジョギングコース

今回は、株式会社ゼニタ(ライフ&シニアハウス千種、名古屋市中区新栄3-20-28)より千種区本山(桃巌寺)まで約3.8kmジョギングしました。

コースは、
株式会社ゼニタ(名古屋市中区新栄3-20-28)から広小路通を、千種、今池、池下、覚王山、本山と進み、本山交差点(本山駅)で右折し、四谷方面に行くと、大仏の頭が見えてきます。今回の目的地点で、名古屋大仏で有名な「桃巌寺(とうがんじ)」に到着します。

中区新栄~池下は、平坦な道、
池下~本山交差点は、緩やかな坂
本山交差点~桃厳寺は、急な坂
と、コースの半分は坂道で、

もし普段から運動をしていない人が初めてこのコースを走るとすると、予想以上にかなり体力を使うコースです。

 

【ジョギング企画メニュー】

今回は、約3.8 kmランニングを行いました。

メンバーは、船橋院長、そして初参加で銭田治療院千種駅前の鍼灸師の佐藤先生と3人でした。

佐藤先生が、初参加で、久々のスポーツとのことで、序盤はゆっくり目に、結果的に徐々にペースを上げていく形で進めました。

ランナー歴5年の水谷の感覚からすると、1km走ると身体が温まり、身体が慣れ始め安定し走れるようになります。
また、普段から走り続けていると、今の自分の身体のコンディションが無意識に分かりペース配分が出来、感覚的に自分にぴったりな疲れない走りのゾーンが見えてきます。

何事にも言えますが、「ジョギング」「ランニング」「マラソン」は、継続的な努力が必要です。
少しずつ走る距離を増やし、負荷をかけていくことで、徐々に身体が慣れていき、短い距離を走ることは楽になっていきます。

ジョギングをしている皆さん、ジョギングを始めようと思っている皆さんも、私たちと一緒に「ジョギング」を頑張っていきましょう。

 

【名所紹介】

・桃巌寺(とうがんじ)

:桃巌禪寺、桃巖禪寺(とうがんぜんじ)、桃巌寺(とうがんじ)と呼ばれ、愛知県名古屋市千種区四谷通にある曹洞宗の寺院。山号は泉龍山。
天文年間、末森城(城山町)主であった織田信行が父・信秀の菩提を弔うために城の南に位置する尾張国愛知郡鳴海荘末森村二本松(現在の千種区穂波町付近)に建立された。
後に現在の松竹町に替地となったが、正徳2年(1712年)または正徳4年(1714年)に現在地に移されたとされる。
開基は織田信秀とされており、開山は龍泉寺輪住二十世、慈眼寺三世住職などを務めた快翁玄俊。
桃巌寺の寺号は信秀の法名「桃巌道見大禅定門」から取られており、恵心僧都作とされる。聖観世音菩薩像を本尊とし、信秀が所有していたと伝わる辯天画像や竹生島から勧請した十五童子像を守護神として祀られている。
境内では、裸辯天や歓喜仏、日本一とも言われる直径1メートルの木魚などの他、年に2回御開帳される「ねむり辨天」でも知られる。(Wikipediaより引用)

以下3枚とも桃巌寺の境内の写真です。1枚目は、桃巌寺境内にある名古屋大仏の写真です。

180316ジョギングブログ写真

180316ジョギングブログ写真

180316ジョギングブログ写真

 

【今後のジョギングコース予定】

3月23日(金)21:00~ 名古屋中区新栄方面(スポルト名古屋) 片道約1.2km
3月28日(水)20:30~ 名古屋市中区方面(名古屋城) 片道約4.0km
4月11日(水)20:30~ 名古屋市昭和区方面(鶴舞公園) 片道約2.0km
4月25日(水)20:30~ 名古屋市昭和区方面(鶴舞公園) 片道約2.0km

 

【ジョギング後の感想】

「フルマラソン完走!」を目指し船橋院長と昨年6月から始めたジョギング企画は、始めて9ヶ月が経過しました。

船橋院長は、この企画を始めて走るまで20年ぐらいスポーツをやっていない状況で当初は500mでさえ大変で歩いていたのが、ほぼ毎週1回意識し時間を作り地道に継続したことで、最近は3.0~4.0km止まらず走れるようになりました。

水谷は、このジョギング企画で「ストレッチング」と「身体の使い方」を身体のプロ鍼灸マッサージ師の船橋院長から学び、またプライベートでサークルでのランニングをしたり、自主練でランニングをしたりと週2~3回練習を積んだことにより、昨年3月には10kmを走ることさえ大変だったのに、今週3月11日(日)には「名古屋シティマラソン大会」にてハーフマラソン(約21km)を完走出来るまで成長出来ました。その効果は、日常にも出ています。元々、身体が固くストレッチで脚を伸ばすことさえ大変だったのが、他人から見て分かるぐらい脚が伸ばせるようになりました。自分で言うのも変ですが、動きが早くなったと思います。体重も5.0kg以上減りました。

今後、フルマラソン完走を目指す上で、継続し、フォームの改善にも励み、トレーニングを積んでいきたいと思います。
皆さま、応援よろしくお願いします。

来週のブログも楽しみにしていてください。

 

〔文章:広報・水谷亮太〕
■第33回ジョギングブログへ
■過去ジョギングブログ一覧を見る
■過去ジョギングコースまとめを見る