ゼニタが今まで対応した難治性疾患について

ゼニタが今まで対応した難治性疾患について

聖マリアンナ大難治研センターでは、130種類の難治性疾患が挙げられています。

ゼニタでは、その中でも以下の疾患に対して、はりきゅう・マッサージ・リハビリテーションを行った経験がございます。

(青色の字のところは、その字の上でクリックするとその病気の解説をいたします。)

脊髄小脳変性症
加齢黄斑変性症
線維筋痛症
突発性難聴
正常圧水頭症
多発性硬化症
重症筋無力症
ギランバレー症候群
メニエール病
サルコイドーシス
潰瘍性大腸炎
筋萎縮性側索硬化症(ALS)
パーキンソン病
全身性エリテマトーデス
シェーグレン症候群
バージャー病
後縦靱帯骨化症(OPLL)

整形外科疾患においては、
脊柱管狭窄症術後
・椎間板ヘルニア術後
・複雑骨折でプレート固定後
・感染等で何度も手術をした後に関節が拘縮してしまった状態
・慢性関節リウマチによる関節の変形
などに、鍼治療&運動療法でさらなる改善を目指し、日常の自立生活や職業復帰のサポートをさせていただいております。

また、日本では珍しく、顎関節症に対する鍼治療 & 運動療法を中心としたリハビリテーションも行っております。

お気軽にご相談ください。

■ 他ブログ一覧を見る