ブラジリアン柔術大会 トレーナーサポート(第2日)

昨日は、私以外のトレーナーが初めての参加であったため、大会の様子を観察することに徹していました。

今日は、2人とも慣れたので、積極的に超音波エコーによる疼痛部位の観察と疼痛部位に対する鍼治療を行いました。

2011.10.02 ブラジリアン柔術大会 トレーナーサポート(第2日)

2011.10.02 ブラジリアン柔術大会 トレーナーサポート(第2日)

確実な触診と理学的検査および運動検査を充分に行い、受傷機転を問診によりしっかり把握した後、超音波エコーで軟部組織の状態を確認します。

その後、ミリレベルでねらいを定めて鍼治療を行います。

一発で痛みがとれたケースが、5例以上ありました。
選手の皆さん、とても喜んでくれました。

いやあ、この仕事、サイコーに楽しいです!!!

これからも、2カ月ごとに依頼されたので、その時までにしっかり腕と知識を磨き、もっと喜んでもらえるようになりたいと思います。

 

■ 他ブログ一覧を見る