中国大連で開催された『日中交流セミナー』にて講演をしました!

9月22日(木)~25日(日)

中国大連に行きました。
名古屋第二赤十字病院副院長脊椎脊髄外科部長佐藤公治先生のご厚意で、
大連市内の整形外科医を対象とした日中交流セミナーに参加させていただきました。


日本からは佐藤先生の他に、名古屋第二赤十字病院整形外科鵜飼淳一先生、岡山医療センター整形外科竹内一裕先生、そして私の計4名で行きました。
午前中は佐藤先生と鵜飼先生が、MIStのopeライブサージェリーを行いました。
午後からは、日本の4名が講演をしました。
私は、「慢性腰痛に対するインターベンション治療:慢性腰痛的危机対应治療 Interventional treatment for chronic low back pain」
というテーマで、日中の整形外科医に囲まれて理学療法士&鍼灸師として講演をさせていただきました。
具体的には、慢性腰痛のMPS(筋膜性疼痛症候群)およびスポーツ外傷に対して、
超音波エコー下Fascia生食リリースおよび鍼治療&理学療法の理論と臨床について、最新のエビデンスを交えてお話いたしました。
佐藤先生、私に日中の整形外科医の前でプレゼンするという、今までの人生で最高に貴重な経験をさせていただき、本当にありがとうございました。

 

■ 他ブログ一覧を見る