潰瘍性大腸炎

【どのような病気・症状か?】

潰瘍性大腸炎は、大腸の内側にある粘膜に傷がついたり、えぐれることによって起きる大腸の病気です。症状は下痢(下血を伴うこともある)とよく起こる腹痛です。発症年齢のピークは男性で20~24歳、女性では25~29歳にみられますが、若年者から高齢者まで発症します。原因は現在のところわかっておりません。

【治療法】

治療としては薬による内科的治療が一般的ですが、重症の場合や内科的治療が効かない場合は手術が必要となります。現在の内科的治療では、潰瘍性大腸炎を完治に導くことは出来ませんが、腸の炎症を抑える有効な薬物治療はあります。治療の目的は大腸粘膜の異常な炎症を抑え、症状をコントロールすることです。

「ゼニタが今まで対応した難治性疾患について」ページへ戻る

「株式会社ゼニタ 代表取締役社長 銭田良博」 ページへ戻る