私が生まれ育った名古屋市中区菊里町(新栄三丁目)について

ゼニタに見学にいらっしゃる医師・理学療法士・ケアマネジャーなどの方々からいつも、「ゼニタさんは名古屋でも一等地のところで治療院をやっていらっしゃいますね。」とよく言われます。その時に、私はいつも「実は、ここが私の生まれ育った町なんです」とお話します。

私の実家は、現在の千郷町(せんごうちょう:フィットハウスのある交差点)から南へ7分歩いたところに、旧飯田街道と重なる菊里町という信号がありますが、そのすぐ近くが銭田治療院=実家のある場所でした。ちなみに、千種区星が丘にある市立菊里高校は、以前は菊里町にあったからそう呼ばれている、ということはご存知でしょうか?それから現在、菊里町の信号の角にあるローソンは、昔は銭湯だったんですよ。

私の実家は元々借家で、明治38年に建てられた雨漏りのする治療院でした。そのため、平成22年7月に銭田治療院を株式会社ゼニタにして、雨漏りのしない治療院とリハビリデイサービスができるテナントを探していたところ、ライフ&シニアハウス千種3階の空きスペースを見て一目ぼれしてしまい、平成23年2月1日リハビリデイサービスゼニタを開設しました。その直後に、4階に空きスペースがあり治療院を移転するにはちょうど良いスペースだったので、すぐに移転いたしました。

私にとって、千種・今池・新栄町・東新町・栄は私の庭でした。私が子供の頃からやっている飲食店で、今も変わらず繁盛して営業しているところもございます。また、最近に始まったお店でも常連になっているお薦めの飲食店もございます(別の機会に、ご紹介させていただきますね)。

私の両親はすでに他界しましたが、菊里町内には私の幼なじみのご両親達がたくさん住んでいらっしゃいます。その方々の幼なじみ達は、ほとんどがご両親と同居していないため、現在はご夫婦の老老介護で暮らしていらっしゃったり一人暮らしになったりしています。私は今後、菊里町内のお世話になった方々に対して、はりきゅう・マッサージ・リハビリテーションでお役に立ちたい、と心から願っています。

■ 他ブログ一覧を見る