突発性難聴  

 

【どのような病気・症状か?】

突発性難聴は、突然音が聞こえにくくなる病気で、内耳の有毛細胞といわれる、音を振動として脳へ伝える部分に障害が起こることによって生じる難聴です。原因としては、ストレス、ウイルス感染、血流障害などが考えられていますが、明確な原因はわかっていません。

【治療法】

突発性難聴は明確な原因が見つかっていないため、確実に治る治療法もまだはっきりとはわかっていません。そのため、いくつかの突発性難聴に有効とされている治療が行われます。突発性難聴の基本は薬物療法で、複数の薬を組み合わせて用いります。場合によっては、専門の医療機関に入院することもあります。

「ゼニタが今まで対応した難治性疾患について」ページへ戻る

「株式会社ゼニタ 代表取締役社長 銭田良博」 ページへ戻る