日系ブラジル人の子供達の、集中力と天真爛漫な笑顔。

今日、明日と、ブラジリアン柔術の大会サポートを行っています。

2月に初めてサポートを行ってから、今日が2回目です。

今日は、子供だけの大会で、明日は大人の大会です。

子供だけだったので、昼から始まり17時30分には表彰式まで全部終わりました。

明日は、10時から始まり19時頃までかかるようです。

今日、日系ブラジル人の子供達とずっと関わって思ったのですが、柔術という武道をやっているからかとても礼儀正しく素直な子達ばかりでした。

どの子も、笑顔が本当に可愛いんですよね。

その理由は、やっぱり親の関わりが一番大きいのだと思います。

子供の試合中、子供以上に親が真剣に応援し、指導をしています。

試合が終わった後、勝っても負けてもしっかりと子供を抱き締めて頭をなでています。

どの子の親達が、みんな同じ様な関わり方をしているのです。

日本という国で、とても厳しい経済環境で暮らしていると思います。

そんな状況下であるのにも関わらず、子供達は天真爛漫な笑顔を見せてくれます。

それを見ると、私の周囲の人達に対する普段の関わり方を見直さなければならないと反省してしまいました。

 

■ 他ブログ一覧を見る