MPS(筋筋膜性疼痛症候群)研究会役員として最先端技術国際総合展コンテンツ東京に参加しました。

平成30年4月4日(水)から4月6日(金)まで、東京ビッグサイトで開催されている最先端技術国際総合展コンテンツ東京に参加させていただきました。

MPS研究会とクリーク&リバー社が提携して、群馬県前橋市の木村ペインクリニックとVR遠隔医療教育通信システムで東京ビッグサイトと繋ぎました。

群馬県前橋市の木村ペインクリニックで行った施術を360度カメラで撮影し、リアルタイムに東京ビックサイトの会場へ配信しました。そして、群馬県前橋市の木村ペインクリニックから発信される、エコー下Fasciaリリース(Hydroリリース・鍼によるFasciaリリース・理学療法士による発痛源評価&徒手的運動療法によるFasciaリリース)の治療場面を、東京ビッグサイトの会場で私が治療実技について解説しました。

高精細の360度映像を低遅延保証で複数の遠隔地に配信し、その映像をVR機器で視聴することを可能にしているのはVR遠隔医療教育通信システムという最先端技術があるからです。しかし最先端技術は成果を生み出した場合にのみ、投資の価値が生まれるという言葉がありますように、利用現場のニーズに応えることが最も重要なことです。

このシステムを活用するにより、今後は例えば、VR遠隔医療教育通信システムを活用した様々なセミナーの開催も企画できればと考えております。

MPS研究会(現在は一般社団法人日本整形内科学研究会)としましても、本システム開発のためにできる協力をさせていただければと考えております。

【銭田治療院・株式会社ゼニタ】過去のお知らせダイジェスト一覧へ