名古屋市中区のはり、きゅう(鍼・灸)・マッサージの銭田治療院

脊柱管狭窄症術後

脊柱管狭窄症術後

脊柱管狭窄症術後

【どのような病気・症状か?】

脊柱管とは、背骨に囲まれた管状の空間のこと。背骨は椎骨という骨が積み重なってできています。椎骨は椎体と椎弓からなり、その間にある空間(椎孔)が積み重なってできるのが脊柱管です。脊柱管の中には神経が入っている硬膜と言うふくろがあります。頚椎部と胸椎部の神経は脳から続く脊髄であり、腰椎部の神経は馬尾(ばび)と呼ぶ繊維性の神経束や血管が通っています。脊柱管はそれらの神経を守る役割があります。神経は脊柱管の中で枝分かれして体の各部へと伸びていきます。

脊柱管狭窄症は脊柱管を取り囲む椎体や椎弓の変性や靭帯の肥厚、椎間板の変性による膨隆、突出、つまり、脊柱管を構成する組織の変形により脊柱管が狭くなったために、脊柱管の中を通っている神経や枝分かれする神経と、神経に伴走する血管が圧迫されることで、神経が障害され、症状として腰痛や下肢のしびれなど、さまざまな不具合が起こります。

特徴的な症状としては間欠性跛行(かんけつせいはこう)があり、これは歩き出すと足がしびれて歩けなくなったり、歩きにくくなるが、前かがみで休むとまた歩けるようになる症状です。

【治療法】

治療法としては、痛み止めや貼付薬、ビタミン剤などの薬物療法や狭くなった脊柱管を広げる手術療法があります。手術には神経への圧迫を取り除く手術と背骨が不安定な場合、圧迫を取り除いた後に金属を使って固定する手術があります。しかし、手術後でも痛みや痺れが完全に取れないケースもあります。その場合は、理学療法・鍼(はり)治療・光線療法などの保存療法により、疼痛緩和、体幹の柔軟性改善、筋力アップ、立位や歩行などの日常生活動作の改善を図ります。

ご予約・お問い合わせ

受付時間 9:00~20:00

休診日 日・祝祭日

お電話はこちら
(完全予約制)

052-238-3380

ネット予約はこちら

お問い合わせはこちら