皆さんこんにちは。名古屋市中区新栄にある、銭田治療院千種駅前の鍼灸マッサージ師の亀山です。

すっかり秋めいてきましたね?
私は最近、外の風が心地いので、よく散歩をしています。

涼しくなった今だからこそ、いろんな事に挑戦したい方が多いと聞きました。

そんな方に注意すると良い筋肉があります。それは、腕橈骨筋です。
今日はこの筋肉についてお話しします。

腕橈骨筋は、解剖学ではこのように表記されています。

筋の名前 筋の起始・停止部 作用
腕橈骨筋 【起始部】上腕骨の遠位外側面、

外側上腕筋間中隔

【停止部】橈骨の茎状突起

・肘関節 屈曲作用

・前腕の関節:半回内作用

(回外位から回内、回内位から回外*いずれも中間位に戻す)

親指を上に向けて肘を曲げ、物を持ち上げる時に使います。
例えば

・料理をする時→重たいフライパンや片手なべを持ち上げる時。
・スポーツをする時→ラケットやバッドを持った競技をする時。

などです。

腕橈骨筋は、専門学校でこの筋肉を授業で、
別名『ビールジョッキ持ち上げ筋』と習ったくらい、ジョッキを持ち上げる時に使います。

また、使い過ぎると痛みが出やすい筋肉でもあります。
炎症だけでなく、以前お話したFascia(ファシア)の癒着や重積が生まれ、
痛みが出ることがあります。

何か始める前に、自分の筋肉をエコーで確認するのも良いかもしれません。
銭田治療院では、エコー体験が出来るキャンペーンを実施しています。
是非一度銭田治療院へお越し下さい。