こんにちは。

名古屋市中区新栄にある、銭田治療院千種駅前の鍼灸マッサージ師の亀山です。

今週月曜日は、体育の日でしたね?私は友人と約束があり、久しぶりにショートブーツで出掛けました。

道を歩いていると、友人が私に聞きました。

「ヒールで歩いて足痛くない?」と。

私は、「全然そんなことないよ。」

と答えました。

しかし、帰宅して部屋でくつろいでいると、

足が張っていることに気付きました。

ヒールを履いて歩くと、どの筋肉が疲れるのでしょう?

それは、腓腹筋という筋肉で主に、足先を伸ばす時に作用します。

今回はこの筋についてお話しします。

腓腹筋は、解剖学では以下の通りです。

筋の名前 筋の起始 停止部
腓腹筋 腓腹筋内側頭-大腿骨の内側上顆

腓腹筋外側頭-大腿骨の外側上顆

アキレス腱(踵骨腱)を

介し踵骨隆起

歩行では、重要な筋肉となります。

また、皆さんがよく気になる、むくみやすい部分でもあります。

今月は、冷え込んでくる時期です。

冷えによって足の血流が悪くなり、むくみやすくなります。

現在、銭田治療院では光線治療という身体を温める治療が

今月いっぱいまで体験出来るキャンペーンを実施しています。

是非一度銭田治療院へお越し下さい。