こんにちは!
鍼灸マッサージ師の髙木です!

5月に入り、日中は気温が上がる日が続きますね。
新型コロナウイルス対策の為にマスクが手放せませんが…空気がこもって暑苦しいという方も多いのではないでしょうか。
僕も夏のマスクは初めてで暑苦しさを感じています・・・いつもとは違う夏の戦いとなりそうですね。

そんな例年とは違う今年の夏に向けて私が心配しているのは「熱中症」です!
なぜ、熱中症を心配しているかというと「暑熱順化の遅れ」が考えられるからです。
暑熱順化とは身体が暑さに慣れることをいいます。ヒトの身体は暑くなると皮膚血管が拡張し、発汗量を増やす事で体温上昇を防いでいます。そして、その体温上昇を防ぐ機能は暑い環境に身をおくことや軽い有酸素運動をすることで高めることができます。しかし、今年は家の外に出ることが少なく快適な空間で過ごすことが多くなるため、暑さへの慣れ(暑熱順化)が遅れてしまうかもしれません。その状態で暑い夏を迎えて急に外出をしたりすると、体温を下げる機能が上手く働かず、熱中症になる可能性が高くなってしまいます。

暑熱順化を進める方法としては
・外気に触れること(クーラーなど空調に頼らない)
・お風呂にしっかり浸かり、じんわりと汗をかく
・ウォーキングやジョギングなど少し汗をかく程度の有酸素運動する
などがあります。適度に汗をかくことが重要です!
ただし、いずれの方法をするにしてもいきなりやりすぎないこと・水分補給をしっかりすることが重要です!
水分補給は1度に大量の水分をとるのではなく、こまめに少しずつ水分補給することで身体への吸収もスムーズになります。コップ1杯(200ml)を目安にしましょう!
また、今年の夏はマスクをしていることによりのどの渇きを感じづらくなる為、こまめに水分補給をすることを例年より意識するといいでしょう!

適度に暑さに慣れ、しっかり水分補給をすることで熱中症を防ぎましょう!
それではまた!