BLOGブログ

COLUMNコラム

SEMINORセミナー

 
一般社団法人 日本整形内科学研究会(JNOS)では、2021年1月23日(土) に第21回 JNOSウェビナー[Web Seminar] を開催いたします。
 
昨年3月から隔週で開催しておりますJNOSウェビナーですが、今回で21回を迎えます。今後も引き続き、隔週に1回の頻度で開催割いていく予定です。
 
今回も、日頃の臨床から裏打ちされた明日からの臨床に役立つ内容を、ウェビナーとしてのWeb環境とオリジナルコンテンツでお届けいたします。
 
第21回ウェビナーは、テーマは「治療技術」分野で「Dr.木村&小林 肘外側部痛症候群へのエコーガイド下fasciaハイドロリリース~応用編①~」です。
 
今回のウェビナーは、JNOS会員外でも医療専門職の方であれば参加可能です。
詳細および参加申し込みは、下記URLからどうぞ。
 
会員の方はJNOS会員フォーラムからお申し込みください。
 
(講師)
木村裕明 JNOS会長・木村ペインクリニック院長
黒沢理人 JNOS理事・トリガーポイント治療院院長
鈴木茂樹 木村ペインクリニックリハビリテーション科理学療法士
浅賀亮哉 木村ペインクリニックリハビリテーション科理学療法士
堀米秀法 トリガーポイント治療院 鍼灸師
(座長・司会)
小林只 JNOS学術局長・弘前大学総合診療部
 
(セミナー内容)
・木村裕明先生の膨大な経験から導き出される、頻用治療部位に関して紹介致します。
・医師・理学療法士・鍼灸師の評価方法(問診・動作分析・触診・整形外科テスト・エコーなど)とそれぞれの治療アプローチと連携方法について、実技も交えて症例提示します。
・木村ペインクリニックスタッフらによるオリジナルイラスト、肉眼解剖のデータなどを多分に利用した講演になります。
 
詳細は下記をご参照ください。
多くの方のご参加を、心よりお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です