BLOGブログ

COLUMNコラム

SEMINORセミナー

 

先日、ご案内させていただきました標記のセミナーですが、参加者の満足度を上げるために下記のように対応いたしました。

・定員を30名から21名に変更しました。
・あと1名のみ、先着順で参加申し込みを受付いたします。
申込方法:①セミナー名、②カナ名字、③カナ名前、④生年月日、⑤所属、⑥資格、⑦経験年数、⑧資格、を記載の上、rehazenita@gmail.comまでメールをお願いします。
・ハンズオンで使用できるエコー機器を増やしました。
・ゼニタスタッフと講師合計7名で、エコーハンズオン講師をいたします。

(ハンズオンで使用できるエコー機器)
・「miruco(ミルコ)」 2台 リニア&コンベックス 日本シグマックス株式会社
https://www.sigmax-med.jp/medical/product_miruco
日本シグマックス社のご協力により、9月中旬に販売開始になったばかりのリニアプローブもございます。噂の「miruco」で実際にハンズオンをしてみませんか?
・SONON300L 2台
・日立 Noblus(ノブルス)1台
・日立 ARIETTA(アリエッタ)1台
・Esaote社My lab(マイラボ)25 1台
・コニカミノルタHS-1 1台

計8台

(セミナー内容)
13:00~14:00 銭田
・Fascia(ファシア)に対するエコーの臨床・教育・研究が治せる治療家の近道―理学療法士&鍼灸師として―
・スポーツトレーナーとしてのエコー活用例
14:00~17:00 山本
・超音波エコーの特徴
・筋・神経・各組織の見え方
・肘関節を跨ぐ屈筋(上腕筋、腕橈骨筋)の様子と動的な観察をします。
・正中神経を描出して、長軸・短軸操作の視方と切り替え操作を練習します。
・エコーハンズオン
基本は、「下肢」中心に行います。
大腿部・下腿部の筋と膝関節の観察&操作をします。大腿四頭筋、下腿三頭筋、長母趾屈筋、長趾屈筋、後脛骨筋をターゲットとします。
膝関節は、大腿骨前脂肪体、膝蓋上包、膝蓋下脂肪体です。
余裕があれば、膝関節周囲の靭帯、Kagel’s fat padも行います。
(参加費)7000円(税込)
(場 所)株式会社ゼニタ銭田治療院千種駅前
(懇親会)セミナー終了後に懇親会を行います(山ちゃん千種駅前店 希望者のみ:参加費4000円税込)

(セミナー申し込み方法)
①セミナー名、②カナ名字、③カナ名前、④生年月日、⑤所属、⑥資格、⑦経験年数、⑧資格、を記載の上、rehazenita@gmail.comまでメールをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です